Fishbone Online

by suizokukangekijou

江戸時代、現代で言うところの「報道」は存在していない。ニュースは噂のようなものであり、あるいは物語のような物であった。

この世界の片隅で嘘を叫ぶ。
小二田誠二

てしない野戦攻城を継起しつづけるたびにかんがえることは、こんなことではなにも終わらないという感情。達成感でもない。断念でもない。骰子一擲。身もこころも投企して不思議な果実を欲望の牙でむさぼるための藝能。

じゃ、ごろつきと呼ぶんだね
桃山邑

芸能を作り出すのは誰なのか。そして、芸能を楽しむのは誰なのか。こうした問いは、私たちが「演劇」や「文化」、「芸術」として了解しているものの根本的な基盤を揺るがせる。

さすらい姉妹寄せ場路上巡業2015-2016の演出のためのメモ
: 2015年11月21日第1回目の台本前稽古を観た後で
毛利嘉孝

山の中に水族館劇場の秘密基地のような場所がある。
天幕資材や芝居道具を保管しているところだ。

あやかしの池
秋浜立

えっ?その道なの?
私は梯子をはずされ迷いの海へバッシャーン!!だ。

ゴーマン千代次 『たわけ』 日記

今回の静岡公演をどうとらえるか?
6月頭の集まりの際に、左門さんからこの投げかけがあった場面で、「チェンのやる気はいったいどうなってるんだ」と問いただされることがあった。

水族館劇場、ーこの挑むべき砦
チェン・スウリー

-Review-

大島幹雄×桃山邑 対談「サーカスと藝能」
at 古書ほうろう 2015.9.18 19:30~

毛利嘉孝×桃山邑 対談 「黒船前後の世界」抄録
at 静岡大学 2015.6.30

#daihonmaegeiko

*expired

logo-black-260

Fishbone Online #issue1 Last Update : 2016.1.24 info@fishboneonline.net